スポンサーリンク

【入れ替わり】妻という世界

R18
Pocket

妻という世界【1話立ち読み付き】 俺が味わう彼女の快楽妻という世界【1話立ち読み付き】 俺が味わう彼女の快楽

複数の夫婦の入れ替わりストーリーです。
登場人物同士がリンクして物語が展開されます。

妻という世界
妻という世界〜東堂桔梗の場合〜
妻という世界〜黒崎花梨の場合〜
妻という世界〜池田茉莉花の場合〜
妻という世界〜三枝草紫苑の場合〜

妻という世界

IT系の会社で働くキャリアウーマンの妻(三枝草 紫苑)と零細企業で作業員で働く夫(三枝草 真)の物語です。

夜の夫婦生活に少し不満をもつ真は妻の会社に清掃作業で訪れます。

会社で知らない男とセックスをしているところを目撃してしまいます。
信じたくない真は居酒屋でやけ酒を飲んでもショックを隠し切れません。

そこで友人の高田から催淫効果があるという薬をもらって仲直りするように勧められます。

その薬を飲ませても効果がなく苛立っていると突然のめまいがおこり、意識を失います。
目が覚めると体に違和感を感じ、妻の会社であることに気付きます。

そして昨日妻と関係を持っていた男が社長であることを知ります。

また昨日の部屋に呼び出され、妻の身体で社長を殴れば、浮気相手と妻に復讐が
できると考えます。

迫りくる社長に反抗しようとしても非力な体では敵わないことに気付き、押し倒されてしまいます。

胸を揉まれ舐められると未知の気持ちよさを感じます。
頭では復讐を考えながらも身体の気持ちいい部分を責められ快感を抑えられなくなっていきます。

身体の奥に社長のモノを入れてほしいと無意識に考えていることを相手に見透かされてしまいます。
突かれて淫らな表情をしているのが自分であることに気付き、全身で快楽を感じます。
このままの身体でもいいかなと思います。

自宅に帰ると元の自分の身体は姿を消していました。

妻という世界〜東堂桔梗の場合〜

東堂桔梗と東堂浩一郎の入れ替わりストーリーです。
これは前話の紫苑の不倫相手だったIT社長の夫婦間の問題の話になります。

社長は妻と部下の二人をまじめだけが取り柄の面白くない人間と評価していました。
そんな考えで自分は会社で不倫をしていました。

頭痛薬を飲んでまた会社に戻ることにします。
妻の桔梗も同じ薬を飲みますが心当たりがないことを不思議に思います。

社長は移動中の車の中で突然意識を失います。
目を覚ますと自宅のベットの上であることに気付きますが、身体が拘束されています。

それは部下の黒崎に拘束された妻の身体でした。

乳首にローター、陰部にはバイブが挿入されていてさらにその痴態を撮影されてしまいます。
バイブのピストンによってイカされてしまいます。

二人に裏切られたと思った社長ですが、性感の開発を妻の方から黒崎に相談されたことを
知ります。

開発された身体はバイブやローターの刺激によってすぐに絶頂してしまい繰り返しイカされ
てしまいます。

最後は尻を叩かれながら黒崎のモノを挿入されて快楽におぼれてしまいます。

妻という世界〜黒崎花梨の場合〜

三枝草真の部下の池田が主人公になります。
一話で姿をくらました三枝草真の身体が自社開発システムを作成し活躍していることがわかります。

池田は妊娠中の奥さんに嘘をついて同窓会に出席します。
同窓会に向かう道中に同級生で好きだった黒崎花梨と先輩の黒崎賢の夫婦がもめている場面に
遭遇します。

酒癖の悪い花梨は勢いでどんどん淫らになっていきます。

エッチなことが始まろうとしている瞬間に夫婦の意識が入れ替わり、妻の状態をすぐに把握します。しかし酒癖の悪さを知っていたためにそれほど動揺はせずにむしろこの状況を楽しむ方を選択します。

全身が火照った妻の身体でセックスする許可をします。

複数の男を同時に相手にして女性の気持ちよさを感じ始めます。

池田は初恋相手の痴態に理想とギャップを感じ我慢できずに挿入してしまいます。

完全に妻の身体の気持ちよさのとりこになった賢は複数の男を同時に相手をして
アナルにも挿入され快感をむさぼります。

妻という世界〜池田茉莉花の場合〜

妻という世界〜三枝草紫苑の場合〜

 

Pocket